※『ダンボールスタジオ@philaliteracyは一部記事をダンボール通販の【アースダンボール】に移転しました。移転先でも引き続き皆様の気付きと発見をもたらせるよう尽力して参ります。何卒宜しくお願い申し上げます。



台湾かき氷は自宅で作れるの?台湾かき氷のレシピをご紹介!

日本では毎年色々なスイーツが流行していますが、2015年から話題となっている台湾かき氷は日本の夏のスイーツとして定番になりそうですね。まだまだ根強い人気があり、いまだに行列必至なお店もありますし、一杯1000円くらいするので家族で行くとなると結構なお値段になりますよね。夏の炎天下の中並びたくない!なるべく安く美味しいものを食べたい!という方の為に、自宅で作れる台湾かき氷のレシピをご紹介します。

台湾かき氷は自宅で作れる?

自宅で食べるかき氷の氷はどうしてもジャリジャリとした食感になりがち。市販のシロップをかけたり、アイスを乗せて楽しんでいると思います。でも親からするとすごく美味しいわけではないけど子供が喜ぶから…という気持ちで作っている親御さんも多いのでは?自宅で美味しい台湾かき氷を作るためのコツをご紹介します。

台湾かき氷を作るコツ

日本のかき氷は水で作られた氷を削ってフルーツや小豆やシロップをかけて食べますが、台湾かき氷は氷に味がついているのが特徴です。牛乳や砂糖などを凍らせた氷を削ることで、ふわふわの氷になっています。台湾では「雪花冰」と呼ばれており、雪のように軽い食感が人気です。牛乳氷の作り方はとっても簡単。お鍋に牛乳を入れて温め、砂糖を適量いれて溶かすだけです。味見して、うっすら甘いくらいの砂糖の量がベストです。氷の上にフルーツやソースをかけるので、甘すぎるとくどくなってしまいます。牛乳、砂糖の他に練乳をいれると、少ししっとりとした食感の氷になります。製氷皿でも出来ますが、タッパーなどの容器に入れて凍らせた氷の方が削ったときにふわふわになります。小さい氷だとどうしても氷の角も削ることになりますので、かき氷機に入れたときに面を削るようなイメージの形の氷を作ってみてくださいね。水と違って凍るのにかなり時間がかかりますから、何個か作っておいて冷凍庫にストックしておくと便利ですね。

台湾かき氷のレシピが知りたい!

ふわふわな氷が出来たら、フルーツやソースを使って早速作ってみましょう!暑い夏にぴったりなさわやかなレシピをご紹介します。

台湾かき氷の定番、マンゴー

氷の材料・牛乳・砂糖トッピングの材料・バニラアイス・マンゴー、マンゴーソース・練乳1.牛乳に砂糖を混ぜて凍らせておく(味見をして、少し甘いくらい)2.削った氷にトッピングをするお店食べるような見た目にするには、アイス、マンゴー、マンゴーソース、練乳の順でかけるとより美味しそうな見た目になります。生のマンゴーはびっくりするお値段ですが、カットされている冷凍のマンゴーはお値段も比較的安価で購入しやすいですよ。

大人の味、宇治金時

氷の材料・牛乳・砂糖・抹茶トッピングの材料・白玉・ゆであずき・練乳1.牛乳にふるった抹茶と砂糖を入れてよくかき混ぜて凍らせる2.削った氷にトッピングをする抹茶味の氷を作ることで、抹茶の味がかなり濃厚な宇治金時になります。ゆであずきも自作すれば、お店に負けない本格的なかき氷になりそうですね。

かき氷の王道、イチゴ

氷の材料・市販のイチゴオレ・スキムミルク、練乳トッピングの材料・イチゴ、イチゴソース・バニラアイス1.市販のイチゴオレにスキムミルク、または練乳を入れてよくかき混ぜて凍らせる※甘めにしたい方はスキムミルク、甘さを抑えたい方は練乳がおすすめ。2.削った氷にトッピングする市販品を使えば簡単に濃厚ないちご味のかき氷が作れます。子供が喜びそうな味ですね。

まとめ

お店でないと食べられないと思っていた台湾かき氷ですが、かなり簡単に作ることが出来そうです。筆者も先日作ってみましたが、牛乳の氷は予想以上に美味しくてトッピングなしでも充分な美味しさでした。お好きなフルーツやシロップを使えばレシピは無限大に広がります。この夏ぜひお試しくださいね。